代表:荒木啓史

略歴

1984年生まれ。オックスフォード大学大学院(博士課程)在籍。東京大学大学院教育学研究科修了後、2008年より2016年9月まで三菱総合研究所に勤務し、学力調査・分析、教育投資効果分析、学校評価、教員制度検証、教科書分析、国際人材育成プログラム構築支援、教育振興基本計画策定支援、家庭教育支援、大学国際化支援、ODA評価、社会保障の国際比較分析、貧困研究など、教育分野を中心として多数の調査研究・コンサルティングに従事する傍ら、教育専門誌への寄稿や教育委員会等への講演を実施。2015年には約半年間、タイの首都バンコクに所在する東南アジア教育大臣機構・高等教育開発センター(SEAMEO-RIHED)にリサーチフェローとして滞在し、東アジアにおける高等教育の高度化・調和化等に向けた実務支援・調査研究に関与。専門社会調査士資格、高等学校教諭第一種免許状を保有。