ネパールには
学びを継続できない
子供たちがたくさんいます

貧困・コロナで苦しむ子ども達に学びの継続の機会を。
私たちサルタックに力を貸してください!

LP_0130_2021

ネパールでは【学びの格差】が深刻な教育課題です。

ネパールの小学生の保護者のうち小学校を卒業していない割合は57%に上り、
そのうち86%は字が読めません

さらに、保護者の教育レベルには貧富の差があります。
最貧困層では60%の保護者が学校に通ったことすらなく、高校を卒業している割合は20%です。

一方、最富裕層では学校に通ったことがない保護者の割合は7%であり、
約80%が高校を卒業しています(UNICEF, 2020a)。

この保護者の教育レベルの格差は、小学校低学年レベルにおける
子どもたちの習熟度合いの格差にも影響していると考えられます。

7-9歳の児童の識字・計算スキルの習熟度合いは
下のグラフのように豊かな層ほど高く、
貧しい層ほど低くなっています。

貧しい家庭の子供たちは家庭で十分な学習サポートを受けることができず、
適切な学習成果を上げることができていません。

一方富裕層の子どもたちは私立学校や塾への通学、
保護者の学習サポートにより質の高い学習を享受することができ、
学びの格差が存在しています。

この学びの格差に拍車をかけているのが、新型コロナウイルスによる学校閉鎖です。

2020年3月に学校が閉鎖されて以来、11月までの9か月間休校になり、
一時幼稚園から大学まで約820万人の子どもたちが通学できない状況が続きました。

政府は休校期間中、オンライン教育を推進し、学びの継続を図ろうとしましたが、
ネパール国内でオンライン教育にアクセスできる家庭の割合はわずか29%、
実際にオンライン教育を利用している家庭は全体の15%に満たないことが分かりました。

またネパールにおける最貧困層においてはオンライン教育にアクセスできる家庭が18%、
利用しているのは5%に届きませんでした (UNICEF, 2020b)。

現在ネパール国内において求められているのは、
貧困家庭の子どもたちの学びをサポートし、公平な教育機会を保障することです。

貧困家庭の子どもたちの学びをサポートしてくれませんか?

サルタックの具体的な活動

貧困家庭の子どもたちの自主学習の促進

貧困家庭の子どもたちの自主学習の促進

コロナ禍で集まって勉強することが難しい現在の状況において、子どもたちが自学自習を進められるように自主教材を開発・配布しています。学校の教員が子どもたちの学習をモニタリングできるように地域の学校と協力して実施しています。

学習センターでの学習支援

学習センターでの学習支援

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いたら、放課後に子どもたちが学びを深めることができる学習センターでの学習支援を強化します。従来から行ってきた宿題のチェックや遊びを通した学びに加えて、学校閉鎖期間にカバーされなかった学習内容のキャッチアップに焦点を当てます。

オンライン教材の開発と学習支援

学校閉鎖当初から継続しているオンライン教材を開発し、facebookやホームページ上で公開します。オンライン教材へアクセスできる層は全体では多くはありませんが、教員や地方の行政官へのアウトリーチを加速させ、教材により多くの人がアクセスできるようにします。開発したオンライン教材は自主学習教材開発にも応用します。

サルタックの学習支援をサポートしてくれませんか?

サルタックの仲間になりませんか?

サルタックの仲間になりませんか?

サルタックは学習継続支援を通じて、生まれた場所・家庭、カースト、性別などに関わりなく、
全ての子どもたちが質の高い学習機会を得ることができるよう活動しています。

生まれた環境や新型コロナウイルス感染症のような危機によって、
特に不利な環境に置かれた子どもたちの学びが断たれてしまうのを防ぐために、
サルタックはネパール国内での学習支援を着実に継続していきます。

  • 子どもたちの明るい未来のために協力したい子どもたちの
    明るい未来のために協力したい
  • 支援に直接関与はできないけれど、活動に携わりたい支援に直接関与はできないけれど、
    活動に携わりたい
  • サルタックの理念に共感したサルタックの理念に共感した

このような思いをお持ちの方は、是非ともサルタックの仲間になっていただけませんか?

寄付金でできること

  • 毎月500円で・・・

    子どもたちに学習教材を年間24冊届けることができます
  • 毎月1000円で・・・

    学習センターが増やせる

学習教材を届けるサポートを始めてみませんか?

メッセージ

代表挨拶特定非営利活動法人サルタック 代表 荒木 啓史

特定非営利活動法人サルタック 代表 荒木 啓史

ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんは、
「一人の子ども、一人の教師、一冊の本、そして一本のペンが、世界を変える」と訴えました。

また故ネルソン・マンデラ元南アフリカ共和国大統領は、
「教育は、世界を変えることのできる最も強力な武器である」と語りました。

私たちサルタックも、質の高い教育・学習こそが一人ひとりの可能性を広げ、
より豊かで平和な社会を実現するための礎であると信じています。

しかしネパールでは、生まれた家庭や地域によって
受けることのできる教育機会や獲得できる知識・スキルに大きな格差があり、
昨今の社会情勢によってこの格差がますます深刻になっています。

このままでは、多くの子どもたちの未来が閉ざされ、
ひいては社会全体が土台から崩れかねません。

この状況に立ち向かい、
あらゆる人が質の高い教育・学習を享受できるようにするため、
サルタックは現地のパートナーや国内のサポーターの皆さんと共に
専門知を活かしながら活動しています。

是非ご一緒に、
「Quality Learning for All(あらゆる人に質の高い学習を)」を実現しましょう!

理事挨拶特定非営利活動法人サルタック 理事 畠山勝太

貧困の無い自由で平和な世界を築くためには、
教育予算を最大限に活かした公平でインクルーシブな教育を欠かすことはできません。

これを持続的に実現するためには、
より良い教育を目指すために必要な情報を集めた上で、
現地の人々が自分達のニーズとその情報に基づいて、
自分達でどうしていくのか決めていかなければなりません。

世界中を探しても類を見ないサルタックの強みは、
この必要な情報を集めるための専門性を活かした支援力と、
現地の決断を尊重する姿勢です。

一つでも多くのネパール社会、一つでも多くの国へ我々のモデルを広め、
貧困の無い自由で平和な世界を実現するべく
サルタックが突き進む長く困難な道のりをサポーターとして共に駆け上っていきませんか?

メディア掲載情報

理事の畠山は定期的に現代ビジネス・シノドス・Wezzyに寄稿しています。

サルタック会員のご紹介

サルタックの会員になることで、持続的にサルタックの活動を支援することができます。サルタックととともに子どもたちに質の高い教育を届けませんか。


正会員
-総会での議決権を持ち、サルタックの活動に参画していただきます

会員特典 1. メールマガジン「サルタック通信」を定期的にお届けします
2. 会員用メーリングリストに参加できます
3. ネパールのお土産 (ネパールの手漉き紙を使ったサルタックのノートです)をお届けします

学生会員
-総会での議決権は持たずに、サルタックの活動に参画していただきます。

年会費 6000円(月間500円)
会員特典 正会員特典1-3と同じ

賛助会員
-総会での議決権を持たずに、サルタックの活動に関わっていただきます。

年会費 一口 6000円(月間500円)
会員特典 1. メールマガジン「サルタック通信」を定期的にお届けします
2. 会員用メーリングリストに参加できます

入会申し込み方法

会員になっていただける方は、「入会申込書」に必要事項をご記入の上、
info@sarthakshiksha.org までメールでお送りください。

会員にならなくても寄付は可能です。